milly.b



<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


秋の気配

e0088444_10212049.jpg

最悪の一日のあとは・・・穏やかな週末が待っていた・・・笑
ホッ・・・・・

明日から、9月。
新たな気持ちで・・・進んでいきたい。

今日は、秋モードなものでも捜しに出かけようかな。笑

日中は、まだまだ暑いけれど・・・朝夕の風は・・・もう秋の気配。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-31 11:39

フローラルな香り

e0088444_13281647.jpg
今日も一日安静にすることにした。

2回目に起きた時は、正午をまわってた。
でも、窓から流れ込んでくる風とともに、Undulateのキャンドル(Ruff)のフローラルな香りをほのかに感じたので、どうやら嗅覚は正常に戻ってきてるようだった。

(まぁ。写真には、diptyqueしか載ってませんが^^;・・・・・
ちなみに、この写真は、ウチのワンコーナーを撮ったモノです。最近・・・
サモトラケのニケのポストカードディスプレイ からディスプレイ替えしました。)


だって、風邪のときは、香りも、味もあまり感じないもの。。。。。

More
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-28 13:57

夕暮れのフライト

e0088444_656778.jpg

空から見れば、街もひとも車も、ちぃさく見える。
そのすべてが夕日の光を受けて同じ色に染まる。
反射しながら、キラキラと目に写りこんでくる光。
写真では捉えきれない美しい光の粒に、眩暈がしそうになる。

・・・・・夕方のフライトは、ほんの少し、得した気分。
ゆっくりと、沈みかける世界を間近で見られるのだから。。。

また遠くへ飛びたくなる。・・・・・今度は、もっと・・・もっと・・・遠くへ
秋か冬にもう一度。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-26 07:12 | travel

陽が沈む前のわずかな瞬間

e0088444_11585110.jpg
美術館にいったりすると、思考がアート寄りになっているせいか、
日常のなにげない風景でも、アートになりうる要素はないだろうか?と探してしまう。
そして、こんなカップルの影にさえ、着眼してしまう。

展示物を撮るでなく、床に映った影を撮ってるひとなんて、なにしてるんだろう?
・・・と、不思議に思われたかも・・・しれないな。

陽が沈む前のわずかな瞬間の光が好き。・・・
光だけじゃなくて光と影が好きなのかもしれないけれど。・・・・・・
今もせっせとそんな光の写真を集めている。

この日は、美術館をでてから、東山茶屋街へ・・・・・・
昔ながらの街並みを見ていると・・・・・
まるでその時代へタイムスリップしたみたいな気分に包まれる。
e0088444_1264056.jpg
どうして・・・・・夕暮れの美しい光は、朝の光よりも、
すこし哀しげなんだろう。・・・美しいけれど、すこし、胸を締め付けられる。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-24 12:23 | travel

イタズラな眼差し×感情のテイスト

e0088444_2114065.jpg
          「ねぇ・・・撮ってよ」とでもいいだけな視線を投げかける彼。
       ・・・・・時々、撮る者、撮られる者は、言葉以上の何かを察したりする。
   私は、その一瞬を逃さないように・・・素早く・・・そしてごく自然にシャッターを切る。
       ・・・・・・なんて、イタズラな眼差しかしら。(笑)あと10年もしたら、・・・・・・
    その眼差しで、何人の女子を虜にするかしらね?・・・・・成長が楽しみな彼でした。

e0088444_21304377.jpg
ときは、お盆。
プールの上にも、下にも、人・人・人で溢れていた。

私が撮りたいのは、ひとけのない写真なのだけども・・・・・入れ替わり、立ち替わりひとが鑑賞してるので、誰もいない瞬間なんて、なかなかない。

プールの下にも、ホラこんなに・・・・・
たくさんの人影が揺らめいている。・・・・・

あまりの混みように辟易し、早々に次の場所へ・・・・・


e0088444_21391579.jpg
「感情のメニュー ご注文いただけます。」
という不思議な看板に目を奪われ、期間限定らしき、展示のブースへ・・・・・

コレ、規定の日時に予約すれば、本当にその
「テイスト」をテイスティングできるらしい!

「恥ずかしさと喜びがゆっくりと快感にかわるテイスト」・・・・・とか、「後ろめたさのテイスト」・・・・・とか「けだるさのテイスト」・・・・・とか
「ときめきのテイスト」とか・・・・・いったいどんな味なんだろう?

って興味をそそられるようなテイストがいっぱい。


e0088444_21475216.jpg願わくば、「ときめきのテイスト」か、「恥ずかしさと喜びがゆっくりと快感にかわるテイスト」をティスティングしたいけれど、原材料の組み合わせは、微妙な感じだ。(笑)

「ときめきのテイスト」は、日本酒、粒コショウ、
トニックウォーター、、粗挽きコショウ

「恥ずかしさと喜びがゆっくりと快感にかわるテイスト」は、カリフラワー、マッシュルーム、アイスクリーム、とんぶり、ランプフィッシュの卵・・・だもの。

それだったら、「うしろめたさのテイスト」の
チョコレート、熟成純米酒、パセリ・・・・・のドルチェか、「誇らしさのテイスト」の海苔、ダークチョコレート、羊羹、カカオ豆、のドルチェのがおいしそうだ。

ま。いずれにしても、なんか、摩訶不思議!な味わいなんだろう・・・・
それにしても、よくこんなExhibithionを考えたものだわ。(笑)・・・・オモシロイ。

さてはて・・・・・あなたは、どんな「感情のテイスト」がお好みかしら?・・・・・笑

私なら、少しリキュールの効かせたアツアツのフォンダンショコラ+バニラビーンズ入りアイス
の組み合わせで「至福の時に溺れたくなるテイスト」なんてテイストを考えちゃうけどなぁ。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-21 22:22 | travel

金沢21世紀美術館

e0088444_7334513.jpg
本当は、できてからすぐに行ってみたかった金沢21世紀美術館。
だけど、その年に帰省したのは、お正月で・・・お正月は、休館日だった。
その後、なかなかタイミングあわず、足を運べなかったが、やっと先日訪れることができた!


e0088444_872065.jpgガラス張りの窓からタップリと陽が降り注ぐ為、通路は明るく開放的。

白を基調とした・・・・・シンプルで
モダンな雰囲気を漂わせる館内。

このガラス1枚隔てた向こうに、
サウナのような暑く不快な世界が
広がっていることなど・・・
すっかり忘れさせてくれる
空間に満ちている。


e0088444_8351573.jpgあまりの暑さに辟易して・・・・・
こんなプールの中にはいりたくなる。笑

ここは、前から楽しみにしていた場所。
プールの上からプールの中をのぞくと、プールの中にいる人が水の中にいるように見えて・・・・・

プールの中から上を見上げると、まるで本当に、水の中から上を見上げた時のように、プールサイドにいる人たちが、ユラユラと揺れてみえるのだ。

そう。一応、これは作品なんだけども
・・・なんか不思議で面白い。


e0088444_8445438.jpgこの作品の中にいると・・・・・思わず、学生時代の、プールの記憶が蘇る。
まるで真空の中にいるような・・・・・
自分の息を吐く、コポコポコポ・・・という音だけが耳元を掠めるあの感触。

それらを一気に思い出し、少し涼しくなった気がした。笑

この作品の鑑賞は、今の季節が、
一番楽しめる気がする。笑

e0088444_985473.jpg館内を歩きまわって疲れたら・・・・・
こんなモダンなチェアで、一休み。笑
デモ、これ、意外と座り心地が良かったです。

っというか、誰もいなかったから、思いっきり寝っ転がっていたんだけれども・・・・・笑

お盆は、どこも混んでいて・・・・・この美術館も例外なく混んでいたんだけど、
次回、また訪れるときは、時期をはずして、人が少ない時にいきたいなぁと思った。

それにしても、アートに触れると・・・どこか
”心癒される”感があっていいもんですねぇ・・・・・
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-17 09:28 | travel

tokyo→kanazawa

e0088444_84744.jpg
           明日は、晴れるといいな。それから、雲もあるといい。
          あの飛行機のちっちゃな窓から、雲のある写真を撮りたい。

          そんな私の望みを見透かしたように、空は応えてくれた。
  目の覚めるようなsky blueの空。・・・・・眩しくてめまいがしそうなpure whiteの雲。 
     その二つが織りなすコントラストが小気味良くて、窓の外から目が離せない。
         ホラ、こんな不思議な形の雲だってたくさん浮かんでる。笑

   私はまるで飛行機に初めて乗った子供みたいに、ずっとずっと窓の外を見ていた。

e0088444_9303264.jpg
旅は、家を出た時から始まっているけれど・・・・・

バスで、東京タワーをすぎたあたりから、
あぁ。今日も東京を離れるのだという実感が湧く。

東京が故郷ではないのに・・・・・なぜか、東京タワーを見るとなぜか安堵する。

不思議なものだ。笑 

いつの間に私は、こんなにも東京タワーに、
特別な感情を抱くようになってしまったのだろう。・・・・・


e0088444_9385121.jpgバスがトンネルを通過する。・・・・・

オレンジの光に包まれて、そこを通り抜ける頃。
私の思考も、やっと日常から解放される。

トンネルを抜けた瞬間・・・周囲がやけに眩しく感じるのは、
どうやら・・・・・目の錯覚だけではないようで・・・

そんなとき私は決まっていつも、なぜか止まってた’時’が
動き出すような不思議な感触を覚えるのだった。


e0088444_9535243.jpg羽田空港第2ターミナル。

何度も国内線を使うようになって、
だいぶ馴染んできた筈なのに、空港はいつもよそゆき顔な気がしてならない。

東京に帰ってくる人と、東京から出発する人とが交差する場所。

そんな風にいろんな人が行き交うからこそ、どこか新しい雰囲気が漂い続けるのだろう。

でも、きっとこうして時々、新鮮な気持ちに浸れるのは、素敵なことだ。
新しいものを創造するには、いつでも新しい刺激が必要だもの。

それにしても、こんなにも飛行機に乗る人生になるとは思わなかった。笑
でも、おかげでだいぶ、空港と飛行機と旅が好きになった。

晩秋or冬には、家族のいるサンフランシスコか、
友達のいるパリへ行きたいなぁ・・・なんて考えている。

あ。。。金沢の旅の話はまた次回。笑。。。。。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-16 09:22 | travel


milly.bの切り取る日々の風景
カテゴリ
記事ランキング
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧