milly.b



<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


お菓子なギャラリー☆

タイプミスではありませんよ。
だって作品が「お菓子」がメインなんですから(笑)
e0088444_1715644.jpg

トロリとメープルシロップがたっぷりのったパンケーキ。
だけど・・・上に乗ってる白のチョコ風の土台には、
なぜか怪しげな動物の足のようなものが・・・
甘いモノには毒がある?・・・・・そんな連想を抱かせる作品。

e0088444_17235548.jpg
このほかにも、なんかヘン!(笑)・・・な、
組み合わせのオブジェのオンパレード。

Brieチーズの上で、マリアージュ?(笑)

その傍らには、これでもか?!な程の
カラーチョコスプレーを乗せたドーナッツ
&その上にはなぜキャンドルの代わりかのように勢いよく(笑)突き刺さってる
一本の煙草。・・・なんかシュールだわ~(笑)

挙句の果てには、来場者すべてに、
作品と同じようなドーナツを配ってくれる
不思議な&太っ腹なギャラリーでした。



e0088444_1724964.jpg
・・・あ。作品はニス塗ってあるみたいで、食べられないけど、配ってくれたドーナツは、モチロン本物でした。・・・・・あま~いプレゼント☆ですね。

ところで、右写真は、リンカーンの
パフュームボトル&ピストルのオブジェ。

かの有名な「リンカーン暗殺事件」へ対するオマージュなのか?
・・・ナゾである。

奇想天外でおかしなかしなオブジェたち。

ブランデーが注がれたグラスの中に、
ポツリと浮かぶ一本の煙草・・・のオブジェ▼

e0088444_17442288.jpg
とか、・・・・・別のパンケーキの上には、どうしたことか、途方にくれてるようなしぐさの女性のオブジェとか・・・・。見てるとホントオモシロイ。

こんなのが、お店とかにいくつか、ちょこんとディスプレイされてたら、かわい~かも?(笑)

・・・ま。どの作品も、
結構なお値段ではありましたが・・・・・
(上記のホットケーキとか、リンカーンとか・・・
左のブランデーグラスとか・・・どれも、$500~と、
かなり強気な値段でした)



e0088444_17582796.jpgNYのギャラリー、10件くらいまわったけど・・・・・
このギャラリーが一番好きでした。

まぁ。でもギャラリーだから、この展示も期間限定なのでしょうけど。

食べたくなるオブジェがいっぱい(笑)
私も、いつかこういギャラリーを貸しきって、個展・・・したいなぁ・・・・・・

このギャラリーの周辺には、なぜかバレンシアガがあったり、ギャルソンがあったり・・・・と
どうやら、SOHOから流れてきたらしい
ショップもチラホラ。



e0088444_1864860.jpg
観光客で賑わうSOHOよりも、こんな不思議なギャラリーが点在する
チェルシーエリアのほうが、私には興味深かったです。

←どこかのギャラリーの窓。

ゴールドの窓に映りこむ景色は、まるで現実のものじゃないみたいに見えて、
それ自体がアートのようでした。

モダンアートの宝庫☆的な
ギャラリーがひしめくこのエリア。

いつか、次に旅する頃には、・・・
もっとカフェとかショップとか
増えてるんだろうな。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-04-22 18:14 | travel

antique market

e0088444_6385742.jpg
普段は、駐車場・・・でも週末になると・・・そこはアンティークガレージに早変わり・・・
そんなユニークな蚤の市に行ってきました。


e0088444_644965.jpg
普段は駐車場だから、屋根もあるので、
天候に左右されることなく思いっきり
アンティークを探すことができます。(笑)

ハンドメイドで作られたであろうレーシィな襟飾り。
レースの網の部分が他にはあまり見られないようなレアなものが多くてステキです。

この他にも、アンティークレースの切れ端や、
アンティークレースが施された小物などが
沢山売られていて、レース好きな私は思わず目が釘付けに・・・


e0088444_6543287.jpg
窓際には私が、好きな小物類たちが
そっと並べられていました。

コレもかわいい、
あっ、コレもディスプレイに使えそう!
うーん。コレも欲しいなー。
とあれこれ悩みながら、商品を吟味。

どれを買おうか悩みながら、
マーケット内をウロウロしてしまう私。(笑)

そして、実は、このマーケットは駐車場の
1FとB1にわたり、開催されてるので、
1Fに飽きたら、B1へ。。。と思わず行き来
してしまいます。


e0088444_711684.jpg
1Fはどちらかというと、紙モノ、本、家具、アンティークの額などインテリア系が多く、

B1は、靴や、洋服、アクセサリーパーツ、アクセサリーなど、服飾系が多かったです。

←この写真は、1Fの様子。



e0088444_763532.jpgそして、この写真は、B1の様子です→

どちらかというと、ヨーロッパの蚤の市よりも、ポップでジャンクなものが多いけど、

古モノ好きには、たまらない空間でした(笑)

NYに住んでたら、毎週通いたいなぁと思う場所。(笑)
[PR]
by antique-milly-b | 2008-04-18 07:09 | travel

V.Sattui.Winery

e0088444_7252919.jpg4件、ワイナリーを、巡った中で、一番私の中のNAPAのワイナリーのイメージに忠実
だったのが、ここサトゥイ。
V.Sattui.Winery


アイビーに覆われた城壁。
どこまでも続くぶどう畑。

快晴の空の下、
緑溢れるピクニックエリアでは
店内で買ったワイン、
店内デリで買ったサラダやチーズ
をすぐに楽しむことができます。

そのすぐ隣を
ナパ名物のワイン・トレインが
悠然と走り抜けていきます。▼


e0088444_721516.jpg車両にはZinfandel、
Chardonnay・・・などワインの名前が・・・笑

ワイントレインについてのWebを見たら、
「オリエント急行を思わせる豪華な内装の車内でグルメ昼食、ワインテイスティングをお楽しみいただけます」
と説明されていました。


e0088444_753296.jpgう~ん!ステキそう!次回は、ドレスアップしてオリエント急行に乗る気分で・・・乗ってみたいと思います(笑)

店内には、ワインにぴったりの、ブレッドや、クラッカーと共に、何種類ものオリーブオイル。

もちろん、こんなふうに試食もあちこちにチラホラ→

ワインは、ここのドライの白がすごくおいしかった!
のに。。。ブランド名忘れてしまったっっ焦

買って帰ったけど、瞬く間に一本終わりました。笑

e0088444_824432.jpg
サトゥイのワインは、スーパーやワイン専門店などに卸したりしていないそうなので実際ここに来てワインを味わうと、「ここでしか楽しめないんだぁ♪」というプレミア感も感じることができて楽しさ倍増でした。

まぁ。ワイナリーのほうでも、そういうプレミア感を煽るためにそういう戦略をとっているのでしょうけどね。(笑)

まんまと、商戦にハマッてしまった私でした。(笑)
でも、ハマる価値、アリ!だと思います。
・・・ココ、・・・Sattuiは・・・・・



e0088444_78877.jpg

V.Sattui.Winery
http://www.vsattui.com/
[PR]
by antique-milly-b | 2008-04-17 08:12 | travel

Rubicon Estate

e0088444_173483.jpg
映画「ゴッドファーザー」の大ヒットで巨額の富を得た映画監督
フランシス・フォード・コッポラが経営するワイナリーとして有名な
Rubicon Estateに先日、行ってきました。

さすが・・・入り口入ってすぐ右のディスプレイスペースなんかもとてもオシャレ!▲
まるで映画のワンシーンを見てるかのようです。

e0088444_17381100.jpg
ここは、テイスティング&ワイナリーツアー$25と、他のワイナリーよりやや高めなのですが、
やっぱりテイスティングはしないとネ!と思い、
ツアー参加してきました。

5種類、テイスティングできるのだけど。。。すでに他のワイナリーで何杯か、テイスティングしてる私は、ややほろ酔い気味。(笑)

テイスティング、3杯、4杯飲み進め、最後が一番高級なワイン、一本$108だったのだけど、
最後のほうは、あまり味わえてなかったような。。。(苦笑)


e0088444_1855111.jpg

ツアーに参加すると、
このような樽が沢山保管されてる巨大な貯蔵庫も見学させてもらえます。

画像だと暗くて見え辛いかもしれませんが、おびただしい数のワイン樽が延々と並んでいる姿は、圧巻です!


このワイナリーの至るところにステンドグラスがあるのですが、
この入り口付近のステンドグラスが一番綺麗でした。▼

e0088444_18134317.jpg
ちょっと幻想的な雰囲気。
ステンドグラスは、なぜか、それを見るとお祈りをささげたくなるような
要素を併せ持っている気がします。

更に、神々しくて厳粛なムードも放っています。

いつか、自分も城を持てるなら(笑)
こんな美しいスペースもつくりたいなと思う。

窓辺にディスプレイするオブジェだけは、たくさん持っているのですけどね。

お城はないなぁ・・・笑




e0088444_18285043.jpgテイスティングルームと併設されているショップには、ワインや、デカンタ、グラス、シガー、アクセサリー、BAGなどなど豊富な品揃えでした。

こちらも、ディスプレイがステキ。→

一方、2階はミュージアムのようになっていて、映画で使われた車や衣装なども飾られていました。


ちょっと、他とは一風かわったワイナリーでした。それから・・・どちらかというと、他のワイナリーよりも、渋みが強く味がしっかりしているものが多かったので、そういうワインが好みな人には、ピッタリなワイナリーかと思います。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-04-16 18:00 | travel

海の見える別荘

断崖絶壁に佇むその別荘の窓の向こうには、
まるで別世界のようなFantasticな光景が広がっていました。

e0088444_6381522.jpg

太陽が沈む、その瞬間までをじっと眺めていたくなるような、そんな光景でした。
瞬きするのがもったいないくらい美しい自然のinstallation。

東京に住んでいた頃は、忘れて過ごしていた、自然の美しさを
目の当たりにした思いでした。

e0088444_6525971.jpg
別荘付近の丘の緑の木々の合間から、
海と浜辺を眺めると
すこし、得したキブン。笑

海も山も楽しめるなんて。。。
なんてすてきな場所なんでしょう!。。

Californiaの空はとても綺麗なスカイブルー。
一方、同じ青でも、海はとても深いコバルトブルー。

風はすこし強いけれど、
真夏のような
Californiaの日差しの暑さに対して丁度よい感じ。海風特有の匂いが鼻先を掠めます。



e0088444_741961.jpg
波打ち際に打ち寄せられた
朽ちた流木も、
ここにこんな風に重ねてあると
まるでオブジェみたい。笑

のんびりと潮騒の音をBGMに
今までの日々を振り返る。
がむしゃらに進んできたこの
何年間かの日々のことを。。。

。。。今は、少し落ち着いて
体も心も休める時期。

美しい景色を見たり、アートに触れたり、料理をしたり、ガーデニングをしたり、行った事のない場所へ行ったり。。。

五感をフルに使って、日々を過ごしています。


e0088444_7131337.jpg
家族連れが多い海辺では、
かわいらしい女の子が波打ち際を走っていました。

あの位の年頃の頃、私は何になりたかったっけ?笑
ちょっと自問自答してみる。

小さな頃から好きなことは、今もかわらない。

目の前のことに必死になって何かを忘れかけていたけれど、
ぽっかりエアポケットみたいにあいた時間を持てた事で
思い出せたことがある。

ちょっと、それは。。。。。
秘密だけれども。笑


眼前には、すこしうらぶれた。。。年季の入ったキャンピングカー。
どこまでも続く空と海。
あの。。。空と海が解け合う地平線まで行ってみたいなぁ
なんて空想する、心地よい初夏のいちにち。。。。。
e0088444_7201878.jpg

[PR]
by antique-milly-b | 2008-04-14 07:31 | travel


milly.bの切り取る日々の風景
カテゴリ
記事ランキング
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧