milly.b



★ブリューゲル 版画の世界@bunkamura ザ・ミュージアム

b0189667_20325657.jpg
GLOBEの伊藤さんに勧められてからず~っと気になってた”ブリューゲル 版画の世界”の展示をやっと見にいってきました。私の中でブリューゲルっていうと、中学の美術の教科書で出てきた
”雪中の狩人”とか、▼
b0189667_20344795.jpg
▼農夫の結婚式とかが瞬時に頭に思い浮かんでいて、「農民。民衆の日常生活を詳細に描いた画家」ってイメージでした。なので、先日GLOBEで教えてもらった時も、ブリューゲル・・・だけど、まさかおんなじブリューゲルじゃないよねぇ?とか勝手に思い込んでて家帰って調べたら同一人物だったって知ってビックリ(笑)
b0189667_20373725.jpg
上記3点の画像がすべて同一人物のものとは・・・って感じですよね。

今回Bunkamuraで見た~版画の世界~は、
奇想天外で、不思議な版画が多いし、内容も濃いし、見ごたえアリ!でした。
「400年前のワンダーランドへようこそ!」ってキャッチコピーだったけど、
まさにそんな感じ!
見終わって・・・「このひとの頭ん中こそワンダーランドだな」と思いましたが(笑)

不気味だけどユーモラス・・・グロイけど、なんか愛嬌ある・・・そんな絵が多かったです。
特に「七つの罪源」シリーズは、見物でした・・・
そのなかの一枚「怠惰」というタイトル▼
b0189667_2164038.jpg
怠惰は活力を打ち砕き、長き無為は精力を荒廃させる(ラテン語)
擬人像は、「怠惰」を象徴するロバの上で居眠り。悪魔が差し出す「枕」はこの罪源の属性。
背景の大きな人間の腕が「最後の審判」の時を告げる。・・・・と説明にはありました。
・・・グロテスクだけど、左手前の怪物とか、なんかウケル(笑)

こちらは、「七つの徳目」シリーズの中の「節制」▼・・・なんかタロットカードみたいだった。
b0189667_21164099.jpg
快楽に溺れて金遣いの荒い、淫らな人間とみられぬよう、また貪欲な金銭欲に追われて汚らしく、あるいはいやらしく生きることないように良く注意すべきである。・・・・という意味を込められているようです。

寓話や、諺・・・教訓めいたものが描かれていて、
思わず「ほぉお~っ・・・っコレ、そういう意味か」と説明と絵を見合わせてしまう!ようなものあり・・・興味深かったです。8月29日までだそう。
公式HP、動画が、すごいですッ!⇒コチラ

**********************************************************
▼先日からランキングに参加してみました。よかったら、ぽちっとクリックお願いしま~す。
現在アンティーク雑貨のランキングは、5位です☆
皆様いつもありがとうございます☆これからもよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by antique-milly-b | 2010-08-22 21:45 | その他
<< ☆ナチュラルな雰囲気のワンピー... ☆お盆帰省と金沢のレトロ喫茶「... >>


milly.bの切り取る日々の風景
カテゴリ
記事ランキング
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧