人気ブログランキング |

milly.b



torinouta&アスタルテ書房

torinouta・・・トリノウタ・・・・・鳥の歌?
ローマ字で記されていると音感同じなのに、一瞬違うものに思える。
ちょっと不思議で、ちょっとシュールなお店かなぁ?と予想しながら、地図を辿ると・・・
そこには、ひときわ目立つシンプルなホワイトの壁のお店がスクっと立っていました。
torinouta&アスタルテ書房_b0189667_158555.jpg
HPを開くと、朝の高原にいるかのような爽やかな鳥のさえずりが、聴こえてきます。
驚くべきことに1Fは、まるまるディスプレイスペース?ギャラリースペース?といった感じ。
torinouta&アスタルテ書房_b0189667_1536187.jpg
おばあちゃんが編み物とかをしてそうなロッキングチェアー。中に、時計が隠されてそうな、重厚な木製のショーケ-ス。ここには映ってませんが、大きいアンモナイトと、湖畔を描いたようなキャンバスがひとつ。それから、広いダイニングテーブルに、蜜蝋のキャンドルがポツリ。置かれていた。
torinouta&アスタルテ書房_b0189667_1543249.jpg
とても贅沢な空間。普通なら、利益を考えて1Fもお店にしてしまうだろうに。。。。。
アパレルで利益ベースで空間を造らなければならなかった私には、こういう思考が羨ましい。
私だって、本当なら、こういう遊びの空間が欲しかったのだから。。。
いや、でも遊びというより、ここのお店には必須な空間なのかもしれない・・・・それは、・・・・・
torinouta&アスタルテ書房_b0189667_1547205.jpg
1Fのエントランスから、2Fに到達するまでに、知らず知らずのうちに、下界の騒々しさを遮断し、
このお店の雰囲気に身を委ねている自分に気付いたから。。。。。
きっとあの1Fの空間は、一度、お店に来てくれる人たちの思考をニュートラルに変えてくれる場所なのだと思う。下界を忘れて・・・このtorinoutaの空間に浸るために・・・・・
torinouta&アスタルテ書房_b0189667_15594361.jpg
残念ながら、2F店内は、写真は撮れる雰囲気ではなかったので、撮れませんでしたが、とある
京都のshop紹介ページには載っていました。もしよかったらご覧さい。

torinouta
〒604-0992
京都市中京区寺町通夷川上る藤木町31-2 荒牧ビル

OPEN 12:00-20:00
OPEN 水・木・金・土・日曜日(※不定休有り)

▼MOREのをクリックすると・・・アスタルテ書房へ



torinouta&アスタルテ書房_b0189667_15583094.jpg
アスタルテ書房は、「京都読書空間」という本を読んでいて知りました。
以前京都を訪れた時も訪れた場所であり、今回も絶対に足を運ぼうと思った場所。
とあるマンションの一室。場所をしらなければ通りすぎて気付かない場所にあります。
ドキドキしながら、シンプルな階段を一段一段登ると・・・
torinouta&アスタルテ書房_b0189667_1661612.jpg
イロイロな物が貼られた扉が・・・そう、ここが入口。
中は・・・あまりにも、写真を撮れる雰囲気ではないので、撮れませんが(笑)
中にはいって黒いスリッパに履き替える。薄暗い空間。オーナーさんは、特に声をかけてくるわけではなく、完全放置状態なので、私も、思う存分自分の世界に浸りながら、ページをめくる。

欲しいなぁ・・・と思った本は、ちょっぴしお高めだった・・・ので、ポストカードを何枚か購入。
金子国義の・・・と、レトロな夫人のヌードや、ヌードではなくドレス姿のもの・・・などなど・・・
ヌードはどうか?と思うので、ひとまず、ドレス姿の婦人のポストカードをUP(笑)▼
torinouta&アスタルテ書房_b0189667_16213520.jpg
シュールで、幻想的で、エロスに溢れてて、ちょっとキケンな書物、写真、ポストカードがたくさんあって、・・・・・静かで、怪し~い感じがして、好き。ここにくると、1時間は、軽く経過します。

アスタルテ書房
京都市中京区三条通御幸町上る ジュエリーハイツ202
TEL 075-221-3330
OPEN AM12:00〜PM7:00 
CLOSE Thursday
by antique-milly-b | 2009-09-14 16:28 | 2009京都巡り
<< 喫茶 静香 SQUIRREL&眠れる森 >>


milly.bの切り取る日々の風景
カテゴリ
記事ランキング
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧