milly.b



海の見える別荘

断崖絶壁に佇むその別荘の窓の向こうには、
まるで別世界のようなFantasticな光景が広がっていました。

e0088444_6381522.jpg

太陽が沈む、その瞬間までをじっと眺めていたくなるような、そんな光景でした。
瞬きするのがもったいないくらい美しい自然のinstallation。

東京に住んでいた頃は、忘れて過ごしていた、自然の美しさを
目の当たりにした思いでした。

e0088444_6525971.jpg
別荘付近の丘の緑の木々の合間から、
海と浜辺を眺めると
すこし、得したキブン。笑

海も山も楽しめるなんて。。。
なんてすてきな場所なんでしょう!。。

Californiaの空はとても綺麗なスカイブルー。
一方、同じ青でも、海はとても深いコバルトブルー。

風はすこし強いけれど、
真夏のような
Californiaの日差しの暑さに対して丁度よい感じ。海風特有の匂いが鼻先を掠めます。



e0088444_741961.jpg
波打ち際に打ち寄せられた
朽ちた流木も、
ここにこんな風に重ねてあると
まるでオブジェみたい。笑

のんびりと潮騒の音をBGMに
今までの日々を振り返る。
がむしゃらに進んできたこの
何年間かの日々のことを。。。

。。。今は、少し落ち着いて
体も心も休める時期。

美しい景色を見たり、アートに触れたり、料理をしたり、ガーデニングをしたり、行った事のない場所へ行ったり。。。

五感をフルに使って、日々を過ごしています。


e0088444_7131337.jpg
家族連れが多い海辺では、
かわいらしい女の子が波打ち際を走っていました。

あの位の年頃の頃、私は何になりたかったっけ?笑
ちょっと自問自答してみる。

小さな頃から好きなことは、今もかわらない。

目の前のことに必死になって何かを忘れかけていたけれど、
ぽっかりエアポケットみたいにあいた時間を持てた事で
思い出せたことがある。

ちょっと、それは。。。。。
秘密だけれども。笑


眼前には、すこしうらぶれた。。。年季の入ったキャンピングカー。
どこまでも続く空と海。
あの。。。空と海が解け合う地平線まで行ってみたいなぁ
なんて空想する、心地よい初夏のいちにち。。。。。
e0088444_7201878.jpg

[PR]
by antique-milly-b | 2008-04-14 07:31 | travel
<< Rubicon Estate anotherDoor exh... >>


milly.bの切り取る日々の風景
カテゴリ
記事ランキング
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧