milly.b



カテゴリ:travel( 18 )


cafe la famille と generaL STORE

法事があった為、土曜夕方に栃木へ。・・・・・
そして無事法事を終え、日曜夕方都内へ戻る途中、茨城のgeneraL STORE
立ち寄りました。・・・・・やっぱり、いつ来ても癒される場所。・・・・・素敵な空間。
b0189667_20521693.jpg
今日は、以前generaL STOREへ立ち寄った時から気になっていたカゴ達を買いに・・・と
事前に、generaL STOREのオーナーさんにお願いをして、快く承諾してもらえたので、
私の個展のDMを置かせてもらいにゆきました。
(実際には、cafe la familleのほうに置いてもらうことになります)

茨城。・・・個展をする恵比寿からは、遠いけれども、
このcafe la famileや、generaL STOREを訪れるお客様たちは、
antiqueや、それらが醸し出す雰囲気が好きなひとが多いはずだし、感度が高い人が多いはず。
私自身もとても好きなお店ですし、わざわざ、私のように都内、もしくは、遠くから
cafe la famille & generaL STOREを訪れる方も多いかと思います。

そんな場所に、DMを置いてもらえるというのは、すごく嬉しい!ことですし、
きっと・・・DMを手にした人の中には、
milly.b」という世界観に興味を持ってくれる人もいるかもしれない・・・・・と。そして・・・
すこしでもあの場所へ訪れる人の心のアンテナにひっかかってほしいなという願いをこめて。・・・・・
DMを手渡してきました。

本当は、cafe la famileにも寄って、ゆっくりお茶もしたかったのだけど、
夜までに都内に戻らねばならなかったので、generaL STOREだけ、寄らせてもらいました。

generaL STOREオーナーさんはいつもにこやかに優しく私たちを出迎えてくれます。
スタッフの方たちも、とても親切ですし、やはりantiqueや古着などが好きなもの同士、
会話が弾みます。ここに来ると、なぜか懐かしいような癒されるような温かい気分に包まれます。
また、そんなオーナーさんと私を結びつけてくれたのぞみちゃんに感謝です。

今日は、あまり時間がなかったので、残念ながら、冒頭の一枚しか、写真が撮れませんでした。
過去に撮らせてもらった、⇒generaL STOREの写真はコチラです。
店内とってもステキです。私は、前々回訪れた時に帽子をかいました!⇒その写真は、こちら
ちなみに、お料理もおいしくとてもくつろげるcafe、⇒cafe la famille写真は、コチラ

今日は、カゴ3つと、レターセットと、いい味わいの紙袋を買い、家路につきました。
昨夜バタバタと帰省、今日法事で忙しくもありましたが、充実した一日でした。

********************************************************

★DM、ご覧になった方、milly.bについての詳細は、コチラをご覧くださいませ。

▼先日からランキングに参加してみました。よかったら、ぽちっとクリックお願いしま~す。
アンティーク雑貨のランキングは、始めた当初の76位→13位へ浮上しました☆
皆様いつもありがとうございます☆これからもよろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by antique-milly-b | 2009-10-18 21:57 | travel

プロローグ

第一回目の個展も無事終了し・・・・・充電と次の個展の序章になるような
・・・そんな時間を過ごしたい気分の今。
b0189667_6585387.jpg
ノスタルジックに・・・ただただ・・・やんわりとした時間に埋もれ、しばしの休息の時を・・・・・
想像するだけでも、ほんの少し救われる思いだ。
目まぐるしい毎日にピリオドを打ち、解き放たれたいという気持ちが、
徐々に私を支配してゆく。・・・・・
b0189667_71287.jpg
オレンジ色の時間。琥珀色の時。扉の向こうはいつだってゆるやかで優しい時に満ちている。
・・・・・まるで人生の待合室みたいだ。
私は珈琲をすすりながら、きっといろんなことを考える。
ほんの少し立ち止った時、たぶん・・・今までは見えないものも見えてくる筈。
b0189667_773349.jpg
以前辿った道のりをひとつひとつ思いだしながら、次はどこへいこうか胸を高鳴らせる。
私の記憶のページにはいつもカフェか喫茶店が刷り込まれている。
それと・・・ノスタルジックな光。
b0189667_7152094.jpg
緊張と弛緩。
いい意味での緊張が個展であったならば、いくばくかの弛緩の時が必要だ。
だって、”のりしろな部分”も意外と大事だと思う(笑)から。・・・・・
b0189667_7281930.jpg

[PR]
by antique-milly-b | 2009-08-06 07:21 | travel

夕暮れのフライト

e0088444_656778.jpg

空から見れば、街もひとも車も、ちぃさく見える。
そのすべてが夕日の光を受けて同じ色に染まる。
反射しながら、キラキラと目に写りこんでくる光。
写真では捉えきれない美しい光の粒に、眩暈がしそうになる。

・・・・・夕方のフライトは、ほんの少し、得した気分。
ゆっくりと、沈みかける世界を間近で見られるのだから。。。

また遠くへ飛びたくなる。・・・・・今度は、もっと・・・もっと・・・遠くへ
秋か冬にもう一度。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-26 07:12 | travel

陽が沈む前のわずかな瞬間

e0088444_11585110.jpg
美術館にいったりすると、思考がアート寄りになっているせいか、
日常のなにげない風景でも、アートになりうる要素はないだろうか?と探してしまう。
そして、こんなカップルの影にさえ、着眼してしまう。

展示物を撮るでなく、床に映った影を撮ってるひとなんて、なにしてるんだろう?
・・・と、不思議に思われたかも・・・しれないな。

陽が沈む前のわずかな瞬間の光が好き。・・・
光だけじゃなくて光と影が好きなのかもしれないけれど。・・・・・・
今もせっせとそんな光の写真を集めている。

この日は、美術館をでてから、東山茶屋街へ・・・・・・
昔ながらの街並みを見ていると・・・・・
まるでその時代へタイムスリップしたみたいな気分に包まれる。
e0088444_1264056.jpg
どうして・・・・・夕暮れの美しい光は、朝の光よりも、
すこし哀しげなんだろう。・・・美しいけれど、すこし、胸を締め付けられる。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-24 12:23 | travel

イタズラな眼差し×感情のテイスト

e0088444_2114065.jpg
          「ねぇ・・・撮ってよ」とでもいいだけな視線を投げかける彼。
       ・・・・・時々、撮る者、撮られる者は、言葉以上の何かを察したりする。
   私は、その一瞬を逃さないように・・・素早く・・・そしてごく自然にシャッターを切る。
       ・・・・・・なんて、イタズラな眼差しかしら。(笑)あと10年もしたら、・・・・・・
    その眼差しで、何人の女子を虜にするかしらね?・・・・・成長が楽しみな彼でした。

e0088444_21304377.jpg
ときは、お盆。
プールの上にも、下にも、人・人・人で溢れていた。

私が撮りたいのは、ひとけのない写真なのだけども・・・・・入れ替わり、立ち替わりひとが鑑賞してるので、誰もいない瞬間なんて、なかなかない。

プールの下にも、ホラこんなに・・・・・
たくさんの人影が揺らめいている。・・・・・

あまりの混みように辟易し、早々に次の場所へ・・・・・


e0088444_21391579.jpg
「感情のメニュー ご注文いただけます。」
という不思議な看板に目を奪われ、期間限定らしき、展示のブースへ・・・・・

コレ、規定の日時に予約すれば、本当にその
「テイスト」をテイスティングできるらしい!

「恥ずかしさと喜びがゆっくりと快感にかわるテイスト」・・・・・とか、「後ろめたさのテイスト」・・・・・とか「けだるさのテイスト」・・・・・とか
「ときめきのテイスト」とか・・・・・いったいどんな味なんだろう?

って興味をそそられるようなテイストがいっぱい。


e0088444_21475216.jpg願わくば、「ときめきのテイスト」か、「恥ずかしさと喜びがゆっくりと快感にかわるテイスト」をティスティングしたいけれど、原材料の組み合わせは、微妙な感じだ。(笑)

「ときめきのテイスト」は、日本酒、粒コショウ、
トニックウォーター、、粗挽きコショウ

「恥ずかしさと喜びがゆっくりと快感にかわるテイスト」は、カリフラワー、マッシュルーム、アイスクリーム、とんぶり、ランプフィッシュの卵・・・だもの。

それだったら、「うしろめたさのテイスト」の
チョコレート、熟成純米酒、パセリ・・・・・のドルチェか、「誇らしさのテイスト」の海苔、ダークチョコレート、羊羹、カカオ豆、のドルチェのがおいしそうだ。

ま。いずれにしても、なんか、摩訶不思議!な味わいなんだろう・・・・
それにしても、よくこんなExhibithionを考えたものだわ。(笑)・・・・オモシロイ。

さてはて・・・・・あなたは、どんな「感情のテイスト」がお好みかしら?・・・・・笑

私なら、少しリキュールの効かせたアツアツのフォンダンショコラ+バニラビーンズ入りアイス
の組み合わせで「至福の時に溺れたくなるテイスト」なんてテイストを考えちゃうけどなぁ。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-21 22:22 | travel

金沢21世紀美術館

e0088444_7334513.jpg
本当は、できてからすぐに行ってみたかった金沢21世紀美術館。
だけど、その年に帰省したのは、お正月で・・・お正月は、休館日だった。
その後、なかなかタイミングあわず、足を運べなかったが、やっと先日訪れることができた!


e0088444_872065.jpgガラス張りの窓からタップリと陽が降り注ぐ為、通路は明るく開放的。

白を基調とした・・・・・シンプルで
モダンな雰囲気を漂わせる館内。

このガラス1枚隔てた向こうに、
サウナのような暑く不快な世界が
広がっていることなど・・・
すっかり忘れさせてくれる
空間に満ちている。


e0088444_8351573.jpgあまりの暑さに辟易して・・・・・
こんなプールの中にはいりたくなる。笑

ここは、前から楽しみにしていた場所。
プールの上からプールの中をのぞくと、プールの中にいる人が水の中にいるように見えて・・・・・

プールの中から上を見上げると、まるで本当に、水の中から上を見上げた時のように、プールサイドにいる人たちが、ユラユラと揺れてみえるのだ。

そう。一応、これは作品なんだけども
・・・なんか不思議で面白い。


e0088444_8445438.jpgこの作品の中にいると・・・・・思わず、学生時代の、プールの記憶が蘇る。
まるで真空の中にいるような・・・・・
自分の息を吐く、コポコポコポ・・・という音だけが耳元を掠めるあの感触。

それらを一気に思い出し、少し涼しくなった気がした。笑

この作品の鑑賞は、今の季節が、
一番楽しめる気がする。笑

e0088444_985473.jpg館内を歩きまわって疲れたら・・・・・
こんなモダンなチェアで、一休み。笑
デモ、これ、意外と座り心地が良かったです。

っというか、誰もいなかったから、思いっきり寝っ転がっていたんだけれども・・・・・笑

お盆は、どこも混んでいて・・・・・この美術館も例外なく混んでいたんだけど、
次回、また訪れるときは、時期をはずして、人が少ない時にいきたいなぁと思った。

それにしても、アートに触れると・・・どこか
”心癒される”感があっていいもんですねぇ・・・・・
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-17 09:28 | travel

tokyo→kanazawa

e0088444_84744.jpg
           明日は、晴れるといいな。それから、雲もあるといい。
          あの飛行機のちっちゃな窓から、雲のある写真を撮りたい。

          そんな私の望みを見透かしたように、空は応えてくれた。
  目の覚めるようなsky blueの空。・・・・・眩しくてめまいがしそうなpure whiteの雲。 
     その二つが織りなすコントラストが小気味良くて、窓の外から目が離せない。
         ホラ、こんな不思議な形の雲だってたくさん浮かんでる。笑

   私はまるで飛行機に初めて乗った子供みたいに、ずっとずっと窓の外を見ていた。

e0088444_9303264.jpg
旅は、家を出た時から始まっているけれど・・・・・

バスで、東京タワーをすぎたあたりから、
あぁ。今日も東京を離れるのだという実感が湧く。

東京が故郷ではないのに・・・・・なぜか、東京タワーを見るとなぜか安堵する。

不思議なものだ。笑 

いつの間に私は、こんなにも東京タワーに、
特別な感情を抱くようになってしまったのだろう。・・・・・


e0088444_9385121.jpgバスがトンネルを通過する。・・・・・

オレンジの光に包まれて、そこを通り抜ける頃。
私の思考も、やっと日常から解放される。

トンネルを抜けた瞬間・・・周囲がやけに眩しく感じるのは、
どうやら・・・・・目の錯覚だけではないようで・・・

そんなとき私は決まっていつも、なぜか止まってた’時’が
動き出すような不思議な感触を覚えるのだった。


e0088444_9535243.jpg羽田空港第2ターミナル。

何度も国内線を使うようになって、
だいぶ馴染んできた筈なのに、空港はいつもよそゆき顔な気がしてならない。

東京に帰ってくる人と、東京から出発する人とが交差する場所。

そんな風にいろんな人が行き交うからこそ、どこか新しい雰囲気が漂い続けるのだろう。

でも、きっとこうして時々、新鮮な気持ちに浸れるのは、素敵なことだ。
新しいものを創造するには、いつでも新しい刺激が必要だもの。

それにしても、こんなにも飛行機に乗る人生になるとは思わなかった。笑
でも、おかげでだいぶ、空港と飛行機と旅が好きになった。

晩秋or冬には、家族のいるサンフランシスコか、
友達のいるパリへ行きたいなぁ・・・なんて考えている。

あ。。。金沢の旅の話はまた次回。笑。。。。。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-08-16 09:22 | travel

お菓子なギャラリー☆

タイプミスではありませんよ。
だって作品が「お菓子」がメインなんですから(笑)
e0088444_1715644.jpg

トロリとメープルシロップがたっぷりのったパンケーキ。
だけど・・・上に乗ってる白のチョコ風の土台には、
なぜか怪しげな動物の足のようなものが・・・
甘いモノには毒がある?・・・・・そんな連想を抱かせる作品。

e0088444_17235548.jpg
このほかにも、なんかヘン!(笑)・・・な、
組み合わせのオブジェのオンパレード。

Brieチーズの上で、マリアージュ?(笑)

その傍らには、これでもか?!な程の
カラーチョコスプレーを乗せたドーナッツ
&その上にはなぜキャンドルの代わりかのように勢いよく(笑)突き刺さってる
一本の煙草。・・・なんかシュールだわ~(笑)

挙句の果てには、来場者すべてに、
作品と同じようなドーナツを配ってくれる
不思議な&太っ腹なギャラリーでした。



e0088444_1724964.jpg
・・・あ。作品はニス塗ってあるみたいで、食べられないけど、配ってくれたドーナツは、モチロン本物でした。・・・・・あま~いプレゼント☆ですね。

ところで、右写真は、リンカーンの
パフュームボトル&ピストルのオブジェ。

かの有名な「リンカーン暗殺事件」へ対するオマージュなのか?
・・・ナゾである。

奇想天外でおかしなかしなオブジェたち。

ブランデーが注がれたグラスの中に、
ポツリと浮かぶ一本の煙草・・・のオブジェ▼

e0088444_17442288.jpg
とか、・・・・・別のパンケーキの上には、どうしたことか、途方にくれてるようなしぐさの女性のオブジェとか・・・・。見てるとホントオモシロイ。

こんなのが、お店とかにいくつか、ちょこんとディスプレイされてたら、かわい~かも?(笑)

・・・ま。どの作品も、
結構なお値段ではありましたが・・・・・
(上記のホットケーキとか、リンカーンとか・・・
左のブランデーグラスとか・・・どれも、$500~と、
かなり強気な値段でした)



e0088444_17582796.jpgNYのギャラリー、10件くらいまわったけど・・・・・
このギャラリーが一番好きでした。

まぁ。でもギャラリーだから、この展示も期間限定なのでしょうけど。

食べたくなるオブジェがいっぱい(笑)
私も、いつかこういギャラリーを貸しきって、個展・・・したいなぁ・・・・・・

このギャラリーの周辺には、なぜかバレンシアガがあったり、ギャルソンがあったり・・・・と
どうやら、SOHOから流れてきたらしい
ショップもチラホラ。



e0088444_1864860.jpg
観光客で賑わうSOHOよりも、こんな不思議なギャラリーが点在する
チェルシーエリアのほうが、私には興味深かったです。

←どこかのギャラリーの窓。

ゴールドの窓に映りこむ景色は、まるで現実のものじゃないみたいに見えて、
それ自体がアートのようでした。

モダンアートの宝庫☆的な
ギャラリーがひしめくこのエリア。

いつか、次に旅する頃には、・・・
もっとカフェとかショップとか
増えてるんだろうな。
[PR]
by antique-milly-b | 2008-04-22 18:14 | travel

antique market

e0088444_6385742.jpg
普段は、駐車場・・・でも週末になると・・・そこはアンティークガレージに早変わり・・・
そんなユニークな蚤の市に行ってきました。


e0088444_644965.jpg
普段は駐車場だから、屋根もあるので、
天候に左右されることなく思いっきり
アンティークを探すことができます。(笑)

ハンドメイドで作られたであろうレーシィな襟飾り。
レースの網の部分が他にはあまり見られないようなレアなものが多くてステキです。

この他にも、アンティークレースの切れ端や、
アンティークレースが施された小物などが
沢山売られていて、レース好きな私は思わず目が釘付けに・・・


e0088444_6543287.jpg
窓際には私が、好きな小物類たちが
そっと並べられていました。

コレもかわいい、
あっ、コレもディスプレイに使えそう!
うーん。コレも欲しいなー。
とあれこれ悩みながら、商品を吟味。

どれを買おうか悩みながら、
マーケット内をウロウロしてしまう私。(笑)

そして、実は、このマーケットは駐車場の
1FとB1にわたり、開催されてるので、
1Fに飽きたら、B1へ。。。と思わず行き来
してしまいます。


e0088444_711684.jpg
1Fはどちらかというと、紙モノ、本、家具、アンティークの額などインテリア系が多く、

B1は、靴や、洋服、アクセサリーパーツ、アクセサリーなど、服飾系が多かったです。

←この写真は、1Fの様子。



e0088444_763532.jpgそして、この写真は、B1の様子です→

どちらかというと、ヨーロッパの蚤の市よりも、ポップでジャンクなものが多いけど、

古モノ好きには、たまらない空間でした(笑)

NYに住んでたら、毎週通いたいなぁと思う場所。(笑)
[PR]
by antique-milly-b | 2008-04-18 07:09 | travel

V.Sattui.Winery

e0088444_7252919.jpg4件、ワイナリーを、巡った中で、一番私の中のNAPAのワイナリーのイメージに忠実
だったのが、ここサトゥイ。
V.Sattui.Winery


アイビーに覆われた城壁。
どこまでも続くぶどう畑。

快晴の空の下、
緑溢れるピクニックエリアでは
店内で買ったワイン、
店内デリで買ったサラダやチーズ
をすぐに楽しむことができます。

そのすぐ隣を
ナパ名物のワイン・トレインが
悠然と走り抜けていきます。▼


e0088444_721516.jpg車両にはZinfandel、
Chardonnay・・・などワインの名前が・・・笑

ワイントレインについてのWebを見たら、
「オリエント急行を思わせる豪華な内装の車内でグルメ昼食、ワインテイスティングをお楽しみいただけます」
と説明されていました。


e0088444_753296.jpgう~ん!ステキそう!次回は、ドレスアップしてオリエント急行に乗る気分で・・・乗ってみたいと思います(笑)

店内には、ワインにぴったりの、ブレッドや、クラッカーと共に、何種類ものオリーブオイル。

もちろん、こんなふうに試食もあちこちにチラホラ→

ワインは、ここのドライの白がすごくおいしかった!
のに。。。ブランド名忘れてしまったっっ焦

買って帰ったけど、瞬く間に一本終わりました。笑

e0088444_824432.jpg
サトゥイのワインは、スーパーやワイン専門店などに卸したりしていないそうなので実際ここに来てワインを味わうと、「ここでしか楽しめないんだぁ♪」というプレミア感も感じることができて楽しさ倍増でした。

まぁ。ワイナリーのほうでも、そういうプレミア感を煽るためにそういう戦略をとっているのでしょうけどね。(笑)

まんまと、商戦にハマッてしまった私でした。(笑)
でも、ハマる価値、アリ!だと思います。
・・・ココ、・・・Sattuiは・・・・・



e0088444_78877.jpg

V.Sattui.Winery
http://www.vsattui.com/
[PR]
by antique-milly-b | 2008-04-17 08:12 | travel


milly.bの切り取る日々の風景
カテゴリ
記事ランキング
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧